入れ歯 ノンクラスプデンチャー - 横浜市港南区上大岡の歯医者

渡辺歯科医院

症例写真

入れ歯 ノンクラスプデンチャー

701_7 今までの部分入れ歯は、入れ歯を口の中に安定させるため、金属のバネを残っている歯に引っかけていました。特にそのバネが前歯にかかると、見栄えが非常に悪く、目立つものでした。その悩みを解消するために、最近新たに入れ歯の素材が開発されました。いままでのピンク色の部分に弾性をもたせ、残っている歯に抱きつかせる702_2ようにして入れ歯を安定させます。
上の写真が新しい材料で作った下あご用の入れ歯で、下の写真は実際にお口の中に装着したところです。上あごに入っているのは古いタイプの入れ歯で、金属のバネが目立ちますが、下あごは新しい入れ歯なので、バネが目立たなく、審美的にも非常に良好なのがおわかりいただけると思います。

 

この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛でお悩みの方へ

横浜市,上大岡駅の歯医者

19時まで受付 上大岡で60年続く信頼 上大岡駅より徒歩5分 校医と歯科大学講師も兼務 駐車場3台あり